エコ・スタイリッシュ・アクティブ・ファッショナブル

アレルギーとウィルス

ここ数十年、私たちは一連のウイルス流行を目の当たりにしています。
可能な限り早く治療するために、それぞれのウィルス感染症の症状を認識し、治療方法を解明すべく、医療機関や研究者たちが尽力します。
H1N1、SARSが流行した時もそうでしたし、そして現在、文字通り世界中の人々が警戒している新型コロナウイルスへの対応としては、学校閉鎖となるほどに、異様な状況になっています。

多くの症状は”ウィルス”によって引き起こされ、一般的には”風邪”などと言われます。

”風邪は万病の因” ということわざもあり、死亡率の観点からも多少のリスクはありますが、前述の特別なウイルス型のものほど怖くはありません。しかし、実際、どのような種類のウイルスであっても、常に感染から身を守り、何か症状を感じたらすぐに原因を理解したいところです。

そして、これらウィルス性の症状の多くは、異なるアレルギー型によって引き起こされる症状と類似しています。ウィルスとアレルギー両方の可能性を考慮して、ウイルス攻撃に関連する症状と、アレルギーに関連する症状の違いを理解し、原因を突き止めなければなりません。
alergy-cold

風邪とアレルギーの違いは

アレルギー型とウイルス型には多くの症状が共通していますが、アレルギー型にだけ起こるものとしていわゆる「アレルギー性発作」にというものがあります。

両方に共通の症状は次のとおりです。
  • 鼻水・鼻づまり
  • くしゃみ
  • タン

しかし、アレルギー型の場合、発熱は引き起こされないとしています。
(参考文献 https://www.medicalnewstoday.com/

一般的なアレルギー反応は、免疫グロブリンE(IgE)と呼ばれる私たちの体が産生する抗体に関連しています。
アレルギーは、免疫系が過剰に反応し、花粉やペットの毛など、通常の条件下では無害な物質と戦おうとするときに発生します。
各IgE抗体は非常に特異的であり、特定の種類のアレルゲンに対してのみ反応します。 たとえば、人は1つまたは複数の種類の花粉にアレルギーがある場合がありますが、すべてではありません。
アレルギーはすべての人に起こり得ますが、最も可能性が高いのは子供です。 そして、過去に何のアレルギー症状もなかった人に、突然現れます。

アレルギー型に関連する症状は通常、次のとおりです。

  • 鼻水
  • 目・皮膚のかゆみ
  • 頻繁なくしゃみ
  • 2週間以上続く持続的で多量の咳
そして、ウイルスからくる季節性のインフルエンザ型の症状は、持続期間は短期間(平均7日間)で、多くの場合、発熱、および以下のような症状が追加されます。
  • 発熱
  • 倦怠感
  • のどの痛み
  • 筋肉痛
  • 胃の痛み
そして、それに加えて、ウィルス感染とアレルギーが一緒に発生する症状が以下です:
いくつかタイプのアレルギーは、過剰な粘液を好むウィルスや細菌の営巣により、鼻腔感染症や気管支炎、肺炎を引き起こす可能性があり、したがって発熱症状を引き起こす可能性があることを考慮する必要があります。
この場合、アレルギーとウィルス感染が重複しており、医師は、アレルギーとウィルス感染の両方の原因を治療するために必要な治療法を助言します。

Journal of Allergy and Clinical Immunology に掲載された研究によると、気道の一部のウイルス感染が喘息の発症の原因になる可能性があります 。アレルギー、特に小さな子供では、恐ろしい細気管支炎も引き起こすことがあります。

ウィルス、アレルギーから身を守る方法、対処方法

ウイルスや細菌に対する防御については、医師からの推奨事項は常に有効です。特に食事の前や、一日に数回の手洗いは重要です。石鹸を使用し、30秒以上かけて洗います。2度洗いするとさらに効果的です。手で目や鼻に触れる場合は、またよく洗います。人の過密な場所を避けます。それから、拡散防止として、インフルエンザの流行の最中には、突然のくしゃみはひじの内側で覆います。

これで十分というわけではありません。もしウイルスに感染した場合、治療法はもちろんそのウィルスが引き起こした症状に依存します。ウィルス由来の風邪はどんな薬でも治すことができません。症状を和らげるために、鼻づまり除去薬や咳を和らげる薬などもありますが、温かいミルクと蜂蜜、または熱いハーブティー(例えばジンジャーとレモン、カモミールなど)を飲むなど、”おばあちゃんの昔の知恵”的なことを実行するのもよいでしょう。発熱による筋肉痛、のどの痛みなど症状を和らげるのに効果的です。

アレルギーに関しては、最初のステップは診断です。
どのアレルゲンが症状を引き起こしているかを知り、体をそのアレルゲンにさらさないための努力が必要になります。花粉や粉塵ダニのように、現実的にアレルゲンを回避することが困難な場合もあります。

アレルギーは通常、抗ヒスタミン薬で治療されます。抗ヒスタミン薬は、アレルゲンに反応して体内から放出されるヒスタミンが鬱血を引き起こすのを防ぎます。
充血除去スプレーは、鼻の腫れを抑えるのに役立ちます。 より重症の場合、コルチゾンを使用しますが、医師の助言と慎重な管理の下でのみ使用できます。
深刻なアレルギーは、身体の免疫反応を鈍感化する目的で、一定量のアレルゲンの投与を伴う免疫療法を受けます。
covid-19

ウィルス、アレルゲンから身を守るマスク、防塵マスク

ウイルスによって引き起こされる感染症を減らし、また空気中に存在する多数のアレルゲンを防ぐために、サージカルマスクまたは防塵マスクを着用すると便利です。
これは、感染する可能性やアレルギー物質を完全にシャットアウトするものではありませんが、その可能性を大幅に低下させます。
たとえば、アレルギーの場合、花粉が空気中に最も集中している期間に自分を守るためにマスクを着用するか、ハウスクリーニングを行ってダニを除去することは、優れた助けになる可能性があります。
info@coronamask.jp
© Coronamask.jp by Elite Store, LLC.
searchclosetwitter-squarefacebook-squarelinkedin-squarearrow-circle-downbarspinterest-squareyoutubeinstagram
トップへ