エコ・スタイリッシュ・アクティブ・ファッショナブル
027-387-0647
送料無料!

2021年6月20日

ビタミンCが不足するとどうなるの?

ビタミンCは手軽に補給できるものとして、様々なサプリメントや含有するドリンクとして販売されています。

中々イメージがわきにくいものでもありますが、果たしてこのビタミンCが不足するとどうなってしまうのか。

意外なポイントもあるためしっかり知っておきましょう。

ビタミンCは体バランスを整える

ビタミンCはよく日焼け防止の意などを含め、うたわれている成分でもありますがこのビタミンCの特徴をご存じでしょうか。

本来であればその効力として体を整えるものでもあるのですが、不足してしまうと全く反対の症状が出てきてしまう恐れがあるものでもあります。

果物や野菜などからも摂取できる栄養素でもありますので、毎日生で食べられる食事を加えることを検討してください。

コラーゲン作成

  • シワ増加防止
  • 傷が治りを促進
  • 毛細血管を頑丈にする

コラーゲンを作り体を作るサポートを行います。そのものにはなりませんので、注意が必要です。

免疫力アップ

  • 感染症(風邪など)にかかりにくくなる
  • がんの予防

体を病気などから守る力となる免疫力へのサポートをします。

ステロイドホルモン作成

  • ストレスに強くなる

精神的な面に作用する成分作成のフォローも行っています。

鉄分吸収サポート

  • 貧血防止

血液の元となる成分の吸収を促進する作用があります。

酵素の働きのサポート

  • 肝臓の解毒作用の調整

肝臓の解毒作用のフォローも行っているので、不足してしまうと二日酔いがひどくなったりする恐れがあります。

メラニン色素増加防止

  • 色黒・シミ・ソバカスの予防

これはよく知られている効果でもありますが、色素沈着を防ぐために摂取したほうが良いと巷でも言われている通りです。

ビタミンCの摂取と注意

不足すると怖い部分もありますが、摂取しすぎても良くはないということも知っておきましょう。

特にサプリメントなどですと、大体多めに配合されているものが多いため余計に注意が必要となります。

年齢ごとの安全摂取量

  • 1~3歳:400mg
  • 4~8歳:650mg
  • 9~13歳:1,200mg
  • 14~18歳:1,800mg
  • 18歳~ :2,000mg

食べすぎ飲みすぎは体に悪いという点においては、栄養も同じということになります。

規定量はあくまで目安なのでほどほどに調整して摂取するようにしてください。

排せつに頼るだけなく自らの注意も必要

水溶性であるため、トイレで余計な分は外に出せると考えてしまいがちですが、油断はいけません。

前述の様にほどほどにすべきですので、サプリメントなどで多く摂取してしまうということには注意が必要です。

コロナ禍であることより、免疫力への注意もさることながら季節的にも日焼けに注意する女性陣が摂取を検討しはじめる成分です。

よく知ったうえで、日常への取り込みを行うようにしていきましょう。

<参考>

健康長寿ネット「ビタミンCの働きと1日の摂取量」

<こちらもお読みください>

☆熱中症予防と水分補給の注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

info@coronamask.jp
© Coronamask.jp by Elite Store, LLC.
searchclosetwitter-squarefacebook-squarelinkedin-squarephone-squarearrow-circle-downbarspinterest-squareangle-double-upyoutubeinstagram