エコ・スタイリッシュ・アクティブ・ファッショナブル

汚染された空気

空気がどの程度きれいか(汚れているか)を評価するには、空気中に存在する汚染物質の量を測定し、濃度を算出します。
そして、その空気から与えられる影響を予測し、悪影響を制限するための措置を計画します。
現在知られている空気の質の悪さは、人々と環境に害を及ぼす可能性があります。

大気質を測定および評価する方法

大気質には、ある一定の基準値が設定されており、それを超えると空気の質が人と環境の両方に深刻なダメージを与える可能性があるとされています。

大気質を評価するために、技術者はさまざまなツールを使用します。これらの中には、固定局を持つ測定ネットワークがありますが、動作制限があります。また、これらは高い投資と保守コストがかかるために、実際に必要な数が設置されているのではありません。
さらに、空気の質は汚染物質の放出率だけでなく、大気の分散特性にも依存することを考慮に入れる必要があります。
実際、移動する空気の塊は対流圏下部の大気中に放出された物質を輸送し、そこで相互に反応し、土壌中に高濃度で濃縮されるオゾンなどの二次汚染物質を生成することにより乱流によって分散されます。

したがって、単純な監視ステーションでは大気の質を正しく測定するには不十分であるため、品質予測や再構築に使用される実際的なモデリングシステムを参照する場合は、監視ネットワークのみのデータを考慮に入れていると排出率、排出インベントリ、分散剤の容量などが失われます。
これらの検出システムは、数学モデル、統計的手法、および移動局での測定で構成されています。
相互に作用し、つかり相互に補完することにより、これらのツールはすべて、客観的かつ詳細な介入手段を採用することを目的として、大気の質を評価できます。

なぜ空気の質を知る必要があるか?

すでに述べたように、空気の質が悪いと、多かれ少なかれ有害な影響が生じる可能性があります。
喘息や心血管の問題をはじめ多くの健康上の問題を引き起こします。アレルギーの形成を促進し、肺での癌形成の割合を増加させたり。特にリスクが高いのは高齢者と子供です。
このことは医療サービスにおいても重大な問題であり、医療費に関連するコストの増大につながります。
大気質の汚染は、大都市圏や都市部でより検出しやすく、最近数十年間に私たちが目にしてきた気候変動にも大きく関わっていることがわかってきています。

なぜ大都市はより危険にさらされているのか?

大都市では、世界人口の半分以上が集中しています。この地域の人口密度は激化しており、人々は仕事の機会と快適さを求めて都心に住むことを選択しています。
しかし、この人口集中には、自動車やエアコンの大量使用など、空気の質を悪化させるあらゆる要素も集中しています。
これらの汚染源(交通、暖房、産業および農業活動)はすべて、地域の大気汚染を増加させ、汚染物質、特に粒子状物質と二酸化窒素の蓄積を助長します。
また、状況の悪化は、気候の変動にまで及びます
私たちは今、以前よりますます長い干ばつや、より一層に稀な雨を目の当たりにしています。これにより、長時間の停滞した空気と高いオゾンレベルが発生します。ますます頻繁に熱波が長引くと、エアコンの使用が過度になり、夜間には使用量が少なくなったとしても、これらのエアコンから日中に生成され熱を放散するのに十分ではないため、熱はますます蓄積し、過熱と有害物質の連続放出を引き起こします。

汚れた空気は健康上のリスクです

WHO(世界保健機関)は、そのガイドラインに許容レベルの値を設定し、世界中のほとんどの主要都市でその値を超えています。
大都市ではその許容レベルを重要視しておらず、人口の50%がWHOが推奨するレベルの2.5倍の汚染にさらされています。
深刻な健康問題のリスクがあることは明らかです。
そしてまた、WHOによると、2012年だけで大気汚染による60歳未満の死者は370万人にのぼりました。 2014年にまとめられたレポートはで、心臓発作、心臓病、呼吸器疾患、腫瘍による死亡数と、高濃度の特に微小粒子・超微小粒子物質の強い相関関係を強調しています。
大気汚染が原因の死亡の90%は大都市で発生しています。

大気質を改善するために何が行われているか?

深刻な状況を考えると、環境保全を目的としたさまざまな分野の政策が世界中で採用されています。
汚染の原因は多岐にわたるため、その道のりは決して平坦ではなく、非常に長いものです。
私たち個人は、例えば、車やエアコンを適度に使用するなど、自分たちでできる小さな予防策からやっていく必要があります

汚れた空気から身を守るために何がでるか?

アンチスモッグマスクを着用する習慣を身に付けることで、被害を少なくすることができます。 アンチスモッグマスクは、汚染物質やアレルギー物質からの高い保護性によって私たちの身を守ります。 バイクや自転車に乗る人、または常に屋外で作業する人の場合、アンチスモッグマスクの着用、という選択を検討する必要があります。
有害なアレルギー物質に継続的にさらされると、アレルギーが多かれ少なかれ深刻な病気にかかる可能性が高くなります。
info@coronamask.jp
© Coronamask.jp by Elite Store, LLC.
searchclosetwitter-squarefacebook-squarelinkedin-squarearrow-circle-downbarspinterest-squareyoutubeinstagram
トップへ