エコ・スタイリッシュ・アクティブ・ファッショナブル

2020年5月25日

日本では減少傾向にあるコロナ感染者。一方イタリアでは?

緊急事態宣言の解除が決定!

https://unsplash.com/photos/vu-DaZVeny0

世間は新型コロナウイルスの話題で持ちきり。このことを受け、日本も自粛ムードが続いています。気になるのが、毎日発表されるコロナの感染者数。じょじょに減ってきつつあるものの、まだゼロではないため気が抜けません。

また、一部地域で緊急事態宣言が解除されていないのも気になります。具体的にいうと都心部と北海道です。ところがメディアによると、5月25日(今日ですね!)に緊急事態宣言の解除が決定しました。こちらに関しては、情報を追って更新しますね。

3月にロックダウンが始まったイタリア。今は・・・?

https://unsplash.com/photos/Q5BVSGt9Ljc

イタリアは2020年3月12日からロックダウン(都市封鎖)をスタート。5月24日現在、部分的に解除されつつあります。いち早く動き出したのが、製造業と建設業。さらにスーパーや薬局、書店などが営業を再開しつつあります。

ほかにも、動きを見せているのがレストランやバルです。ロックダウン以降、デリバリーのみの対応でした。しかし、今はだんだんと規制が緩和されていて、テイクアウトも許可されています。

とはいえ、普段どおりの生活が戻ったわけではありません。ですが、嬉しいニュースも増えています。たとえば最近だと「家族や親戚と会ってもよい」と許可がおりました。ロックダウン中は、同じ家に住んでいない限り身内でも会いに行けなかったのです。

とあるメディアの情報によると、イタリア人は結婚しようが独立しようが、週に1回は親戚に会いに行くそうな。それだけファミリーに対する愛が深いんですね。ただし、あくまで規制がゆるくなっただけ。ですから、感動の再会にありがちな熱いハグやキスはNG。それでも、大切な人に会えることの幸せを、イタリアの人たちは噛み締めているでしょうね。

首相が「夏には素敵な休暇を」と発言

https://unsplash.com/photos/Oc-mdtjJoeo

イタリアのジュセッペ・コンテ首相は、地元メディアの取材に対し、夏にはロックダウンを解除する見通しとコメント。「ルールを守れば、素敵な休暇になるだろう」とのこと。

もしロックダウンが解除されても、しばらくは厳しい世の中が続くでしょう。実際に観光業や飲食店は大打撃を受けています。しかし、国民の心がけ次第で6月初旬には移動制限を解除する予定です。そうすれば、再び観光地に人が集まり、イタリア本来の活気が取り戻せるはず。

現在、夏の観光シーズンに向けて、イタリアやギリシャで準備が始まっています。ロックダウンだけでなく移動制限もかけられていたヨーロッパ。しかし、少しずつ状況が変わってきています。

ギリシャがその一例です。7月頭から観光の時期に合わせて、クレタ島など観光地を結ぶ直行便の再開を始める予定。毎年多くの人がバカンスにおとずれるため、その時期に立て直しをねらっているようですね。うまく行くといいのですが……。

ヨーロッパのこれからに注目

5月後半に入り、やっと自粛ムードがやわらいできた日本。ですが、1人でも感染者が出ている以上、マスクや消毒などは必須ですね。

また、イタリアをはじめとするヨーロッパではロックダウンがいまだに宣言されています。日本同様、本調子とはいえません。ただ、コロナ終息に向けて着実に歩みを進めています。ヨーロッパのこれからに注目です。こちらのブログでも、イタリアをはじめ、各国のコロナウイルスに関する情報を随時更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

info@coronamask.jp
© Coronamask.jp by Elite Store, LLC.
searchclosetwitter-squarefacebook-squarelinkedin-squarearrow-circle-downbarspinterest-squareyoutubeinstagram
トップへ